飲む日焼け止め,日本製

安全性の高い日本製の飲む日焼け止め

紫外線が、肌に良くないことは今やほとんどの人が知っている事実でしょう。しみ、しわ、肌荒れ・・紫外線のもたらす、肌への影響はすさまじいものがあります。
でも、正直、日焼け止めクリームってめんどくさい・・また、塗り忘れも良くあることです。
そんな時に、飲む日焼け止めがあるという事を知りました。ここでは日本製の飲む日焼け止めをランキング形式で紹介しています。

 

飲む日焼け止めの安全性は?

日焼け止めというと塗るイメージがどうしても抜ききれませんよね。
体の中から紫外線を対策できても心配なのが、安全性です。体に害はあっては本末転倒ですよね。

 

飲む日焼け止めにの成分には2種類あります。
1つは、海外産のヘリオケアに含まれるFernBlock
もう1つは日本製品の飲む日焼け止めに配合されているニュートロックスサンです。

 

 

日本製のニュートロックスサンはシトラス果実とローズマリーから抽出された成分です。天然成分で、紫外線によって発生する活性酸素の除去や光老化を抑える働きがあります。

 

継続的に飲むことで、紫外線に対するダメージも受けにくい肌質にしてくれる特徴があります。また紫外線を浴びた後からのアフターケアにも効果があるといわれています。

 

つまり、安全な植物エキスが日本製の飲む日焼け止めの成分になります。
サプリメントとして摂取すると、紫外線への対策・予防ができるものなのです。

 

※副作用
妊娠中の女性、授乳中の女性、4歳未満の子供はニュートロックスサンを飲んではいけません。
また、原料の一部にエビやカニ由来成分が含まれているので、アレルギーをもっている人は飲んではいけません。

 

飲む日焼け止めランキング

人気NO1の飲む無日焼け止めは、ホワイトヴェール。
ニュートロックスサンが主成分で、日本人女性の肌に合ったプラスα成分が凝縮されている。初回980円(送料無料)15日間返金保証あり

話題沸騰中の飲む日焼け止めホワイタスは顧客満足度も93.7%と高く。口コミや評判も良いです。初回1980円。クレジットカード決算で980円に。定期購入コースは6大特典あり。

楽天アメリカやフランスで第1位の飲む日焼け止めポルクです。
他の商品より価格は少し高めですが、その理由はニュートロックスサンの配合量が多い点です。そして、定期コースの場合は日焼け止めクリームが付いてきます。単品9800円、定期購入6980円

 

日本製にこだわる理由。
日本人と外国人とでは、肌の質が違います。それは、外国人の体質にあっていても日本人には合わないこともあるということです。
海外性の飲む日焼け止めFernBlockは多くの日本人が飲まれており、副作用などはありませんが、日本製がオススメできます。

 

なぜなら、日本人の肌にあわせたものを作っており、より日本の方に効果が得られるように商品化しているからです。

 

もっと沢山の飲む日焼け止めサプリが紹介されているサイト
【見逃し厳禁】飲む日焼止めサプリお勧めランキング!

 

迷ったらホワイトヴェール

人気女性雑誌やキュレーションサイトで注目の紫外線対策として取り上げられ、飲む日焼け止めの中でも一番人気です。
人気の秘密は贅沢に配合されている美容成分です。「ザクロエキス」「メロンプラセンタ」「ルテイン」「クロセチン」さらに、お肌の維持にビタミンやミネラルなども配合されています。
「ホワイトヴェール」は成分のほとんどが植物から抽出されています。
さらに、日本の厚労省が定めて認定工場で製造されているので安全管理にもかなり信頼が持てると言えますね。

 

●安全性
●飲みやすさ
●配合されている成分に対する信頼です。
趣味や、仕事で日中外に出ることが多い人、日焼け止めクリームを塗ることが煩わしいと思っている人、飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」おすすめです

 

日焼け止めは必要か

日本においては紫外線に対しての意識は過去において低いものでした。子供は外が天気が良ければ真っ黒に日焼けして遊ぶものだという認識があり、大人でも海水浴に行っても日焼け対策を取る人も今ほど盛んではなく小麦色の肌の女性は美しいと感じる人も多かったのです。紫外線対策が日本においても真剣に考えられるようになったのはこの20年、30年ほどのことで海外において皮膚がんの危険性が叫ばれるようになって変わってきたのです。日本では皮膚がんになる人はそれほど多くないのですが海外では全がん患者の半分が皮膚がんという国も存在します。紫外線はそれほどに怖い存在で対策を取って当然だと言えるのです。子供の頃に紫外線を浴びると確かに健康的に見える日焼けをします。良いことにように思えますが大人になってからシミやシワとして苦労することになる可能性が高く、皮膚がんを発症する危険度も増してくるのです。つまり、紫外線は健康面でも美容面でも決して良い影響を及ぼさないのです。紫外線対策の基本は日差しを浴びないことです。サングラスや帽子や日傘に日焼け止め、紫外線対策済みの服を着用するなどの方法がありますが面倒がらずに日常的に着用する習慣をつけることが大切です。最近は花粉症用の花粉情報が天気予報で発表されるように紫外線情報も発表されるようになりました。紫外線対策は夏場だけのものではなく春や秋でも紫外線が結構多い時期がありますので四季を通して対策を取ることが重要なのです。

 

 

我々が住んでいる地球において地表に明るさを感じるのは太陽が光を発しているからです。光が地球に届き日中は明るさがあるのです。我々の元に届いている光は赤外線に可視光線と紫外線の三つがあります。この中でも紫外線に関しては波長の長さによって紫外線Aと紫外線B,紫外線Cに分けることができます。もっとも波長が短い紫外線Cは地表に届くことはなくオゾン層により遮断されており我々の元に届くことは基本的にありません。もっとも波長が長い紫外線Aは我々が浴びている紫外線の90%以上を占めていると言われています。波長が長いので天気が良い日だけでなく曇りでも雨でも地表に届いています。体への危険性は一番少ない紫外線なのですが、量を浴びると美容面での危険性が高まりシミやシワの原因となる可能性は高く紫外線対策はやはり必要となるのです。紫外線Bは基本的にはオゾン層で遮断されて地表には届いていなかったのですが、近年の地球温暖化によりオゾン層の破壊が進んでいるためか地表にも届いていることが確認されました。紫外線Bは波長は紫外線Aと紫外線Cの間で紫外線Aの100倍も1,000倍も有毒性があり人体にとっては危険な光線となります。シミやシワなどの美容面への影響だけでなく皮膚がんの原因や白内障や免疫力の低下にも繋がってくるので当然、紫外線対策は必要となります。地球温暖化がさらに進むと恐ろしい紫外線Cもいずれ地表に届く日がやって来るかもしれません。もはや紫外線対策を年中行うのは常識ともいえるのです。

 

 

 

 

紫外線の影響

紫外線が人の体にとって良くないことは年々わかってきており、その危険性を知ると紫外線対策を早急に取るほうが良いのだとよくわかります。紫外線はA,B,Cと三つに分かれており直接的に我々に関与してくるのは紫外線Aと紫外線Bだと言われています。紫外線Aが一番量も多いのですがかなりの量を浴び続けない限りいきなり悪影響を及ぼすことは少ないようです。しかし、紫外線Bにはかなり気を付けて紫外線対策を取る必要がります。紫外線Bを浴びることで様々な悪影響が考えられるからです。特に紫外線の量が多い地域である沖縄や南九州などの人は紫外線対策を怠ってはいけないのです。最も気にしておくべきことは皮膚がんです。紫外線Bを浴び続けると皮膚がんになるリスクは相当に増えます。若いうちに浴びると皮膚がんを発症する年齢も低くなると言われますので小さな子供のころから注意が必要なのです。目の病気に白内障があります。実は白内障になる人の2割は紫外線が原因です。特に紫外線Bには気を付けなくてはいけないのです。白内障になる人も紫外線が多い南の地域に集中していることも関連性を示唆していることになります。美容面ではシミやシワ、そばかすなどに注意が必要です。もっとも発症するリスクが高いのがこれらの美容面です。紫外線Aでも紫外線Bでもどちらを浴びても発症する確率は高くなるので紫外線対策は万全に取る必要があるのです。そのほかにも免疫力が落ちて様々な病を発症するリスクも高める影響があることも知られています。