紫外線の予防が熱中症の対策にも繋がってくる

紫外線の予防をすることで熱中症の予防も

紫外線対策とは日光が直接肌にあたることを防御することに等しいこととなります。そうすることで皮膚がんや白内障の予防やシミやシワを防ぐこともできるのです。

 

直接的に紫外線の影響で起こるものではないのですが、紫外線対策を万全に行っていると症状が出るリスクを抑えることができるものがあります。

 

それは熱中症です。

 

熱中症は紫外線が直接的な原因で起こるものではありませんが日光を浴びることで体温の調節ができなくなり気を失うだけでなく最悪の場合は死にも至る怖い症状です。

 

日光を浴びることばかりが直接の原因ではなく水分を適度に摂らないことでも起こることでも有名です。

 

熱中症の患者は一考すると子供や若い人に多いように思えますが意外と年寄りの人でも多く夏場だけでなく春や秋でも冬でさえも気を付けないといけないものなのです。

 

熱中症を予防することは紫外線対策を取ることに共通していることも多くあります。帽子を被ったり日傘をさしたりといったことはまさに同じ予防策だと言えます。

 

熱中症にならないためにはとにかく体温が必要以上に上がらないように気を付けることが大切です。水分をしっかりと補給して直射日光を避けて長時間暑い場所に滞在しないことが大きなポイントになるのです。

 

子供は自分の体力を把握していないので無理をしてしまいがちです。大人がしっかりと調整してやり熱中症を防ぐことが大切なのです。大人においても基本は無理はしない、暑さやのどの渇きを無理して我慢しないことが大切なのです。